ポラリス育毛剤を徹底的に紹介します。何故生えるのかを納得してから育毛剤を購入してください。ポラリスは医学的に裏付けされている育毛剤です。

ミノキシジルを使わずに薄毛対策の成功は無い

ポラリスのシリーズは、日本国内の育毛商品にはない高濃度のミノキシジルを成分にした育毛剤や、シャンプーをラインナップしている人気のシリーズです。

まず最初に、ポラリスの各商品をチェックする前に、日本皮膚科学会もガイドラインで公表している、男性型に対する治療として最高ランクに評価しているミノキシジルについての理解をする必要があります。

国内で販売されている育毛剤には、それぞれのメーカーから様々な成分を主成分としている育毛剤が販売されています。正直な話、専門家が見たら目を疑うような商品が少なくありません。

どれもキャッチコピーや商品説明が上手なので、「これを使用したら髪が元気になりそうだ」と消費者が勘違いをしてしまうのも無理はないのですが、実際は医学的根拠が伴わないものが多いのが事実なのです。

では、何を信じたら良いのか?という問いには明確に答えが2つあります。その1つ目がミノキシジルです。

前述の通り、ミノキシジルは日本皮膚科学会が最高ランクとして評価している2つしかない成分の1つなのです。(もう一つは後に説明する、フィナステリドです)

ミノキシジルは何故、男性型脱毛症の治療に有用なのか

健康な髪を育てるには、髪を作る働きをする毛根(毛母細胞)に栄養素をしっかりと補給することが大切です。それら栄養素を毛根に届ける働きは、当然ですが血液の働きです。血液を通じて栄養素が毛根まで届けられるというのが健康な状態なのです。

しかし、血流が悪い人の場合は充分に栄養素を毛根に届けることが出来ないので、髪を作るには栄養素が不足してしまった結果として髪に元気がなくなり、細い毛などがつくられてしまい最終的には髪を作る機能自体が止まってしまったりします。

ミノキシジルは、血流を改善する効果が期待できますので、血流の改善に伴い栄養素が毛根に届きやすくなることから、髪の成長を促進させる効果が期待できるのです。

もちろんミノキシジルは、日本の厚生労働省にも認可されていて、有名な育毛剤のリアップの成分でもあります。

ポラリスが国産品とは違う理由

当サイトでご紹介しているポラリス育毛剤は、国内の薬局でも市販されているリアップと比較するとメリットが多くあります。
最大の特徴は日本で厚生労働省が認めている育毛剤におけるミノキシジルの濃度は最大5%までとなっています。

ミノキシジル5%という濃度は、昔と比較すると濃くはなったんですが(昔は1%でした)、育毛先進国の海外の事情と比較するとかなり薄いというのが実情です。

ポラリス育毛剤シリーズは、商品ごとにミノキシジルの濃度が異なりますので、使用者のニーズに合わせた商品選択が可能であることが人気の大きな要因の一つです。
最も高濃度のポラリスNR-10という商品では、ミノキシジル濃度は16%となっていて大変人気を集めている商品です。

またポラリスのシリーズは、単に濃度が濃いというだけではなく、髪の成長をサポートする成分がシリーズ毎に配合されています。
頭頂部を中心に育毛をしたい方であるとか、M字などの前頭部の育毛を中心に考えている方などに対して適切な商品提案がされているのです。

それぞれのポラリスについての解説は、各詳細ページにてご確認をお願いします。

2大成分のフィナステリドとの併用で相乗効果が期待できる

次にフィナステリドという成分についても理解しておく必要があります。ちなみにフィナステリドは、国内では万有製薬が製造しているプロペシアという有名なお薬の成分です。
前述の通り、フィナステリドは日本皮膚科学会が最高ランクとして公表した2つしかない、男性型脱毛症に対する治療に有用であると評価した成分です。
それでは、フィナステリドとは何なのかという説明をさせていただきます。

男性型脱毛症の主な原因として、髪の成長を阻害するジヒドロテストステロンという男性ホルモンの存在が考えられています。
この男性ホルモンは、早いと20代から体内で作られる男性ホルモンで、毛根の毛母細胞において健康的な髪の生育を妨害してしまう働きをしていると研究されています。

ですので、この男性ホルモンの働きを抑制することが出来れば、本来の健康的な髪を生育する活動が邪魔をされなくなります。
フィナステリドは、この男性ホルモンの働きを抑制することから、毛根で本来の髪を成長させる働きを保つことが期待できるのです。

併用することがポイントです!

ここまで説明してきました2つの成分の「ミノキシジル」と「フィナステリド」は、説明の通り薬理作用(働き)が異なりますので、2つを薄毛対策に併用することが可能なのです。

いづれか1つを用いて治療するよりも、2つを併用して治療することが相乗効果を産み、より効果的な治療ができると考えられてますので、2つを使用することをおススメしています。

Copyright © ポラリス育毛剤ガイド All Rights Reserved.